クールタオル

クールタオルが冷たい理由

近年夏になると話題になるのが「クールタオル」です。水に濡らして絞るだけで冷たさを感じさせてくれると言う優れ物です。しかし何故水に濡らしただけなのに、冷たく感じるのか不思議だなと思った事はないでしょうか。その理由はクールタオルの構造によるのだそうです。色んなクールタオルが有りますが、大体の仕組みとしてはタオルの内部に空気層をたくさん作っています。その中に空気が入り込むと循環してくれる様になります。その循環スピードが普通のタオルと違って早いと言う事もあり、水分が早く蒸発する様になっているそうです。クールタオルの秘密はこの「水分蒸発」に有ると言っても良いでしょう。水分が蒸発する際に気化熱が出る様になります。この気化熱の作用によってスーッと言う様な冷たさを感じさせてくれると言う訳です。気化熱と言うのは蒸発する際に熱を奪って蒸発すると言う働きをしている物です。よく汗をかいて乾いた後スーッと感じるのはこの為で、これによって体温を下げてくれると言う事になります。よく汗をかいたままの洋服を着てそのままでいると、寒くて風邪をひいてしまうよと言われた事がないでしょうか。これはこの気化熱の作用による物なのです。この働きを応用して開発されたのがクールタオルと言う事になります。クールタオルは単純にタオルを濡らして水の冷たさを感じさせようと言う物ではなく、科学的根拠がきちんとあって作られた物になります。ですから効果もきちんと有りますし、愛用者も大勢いるのです。

 クールタオルが冷たい理由  »

SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi