クールタオル

熱中症になってしまう原因

何故熱中症になってしまうのか、その原因はいくつか有ります。主な物としては人間の身体に付いている体温調節機能だと思うのです。人間の身体と言うのは、体温が高くなったり外気の湿度が高くなったりするとそれを感じて体温を調節しようとします。それが、汗をかいて皮膚から熱を放出させる事でも有ります。しかしそれは気温が体温よりも低い時に発揮しやすい機能で有る様で、真夏の様に気温が体温を上回ってしまう様になると、体外に身体の熱を放出する事が出来にくくなってしまいます。身体の温度調節は汗をかく事で出来る様になっていますが、そこに湿度が入ると体温調節機能が狂ってきてしまう様になるのです。こうした体温調節機能が狂ってしまい、正常な働きをしなくなった場合、熱中症と言う事になるみたいで、外に熱を放出出来ないので身体の中に熱を溜め込んでしまって体温が上がってしまう様になります。こうなると、身体は皮膚に有る血液量を増やして熱を放出させようとします。これも体温を上げる原因となってしまい、水分も無くなってきてしまって熱中症を引き起こしてしまう様になります。体温を下げる事が大切ですので、熱を下げやすい首にクールタオルを巻くのも良いですよね。クールタオルは濡らせば直ぐに使えますので、とても便利な熱中症対策グッズです。熱中症は家の外、家の中のどちらでも起きますので辛い暑さを感じる前にクールタオルを使って熱中症対策をする様にしましょう。

 熱中症になってしまう原因  »

SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi