クールタオル

熱中症対策【クーラー】

2011年に起きた東日本大震災以降、節電モードに日本中が突入しました。熱中症対策も色々と出てきてクールタオルやジェルマットなど電気を使わなくても出来る対策グッズが出てきました。クールタオル等は、オシャレな物も出てきているので若い女性でも気軽に使える様になっています。しかしやっぱり暑すぎてしまうとクーラーに頼りたくなってしまいますよね。よく言われるのが、クーラーに当たりすぎてしまうと身体を壊してしまうと言う事です。その為にクーラーを付ける事を我慢してしまって熱中症になってしまう事も少なくないみたいなのです。特に熱帯夜や猛暑日と言われる時は家の中にいても熱中症になってしまう可能性が有る為に注意をする必要性が有ります。また熱帯夜の場合は夜寝不足になってしまう事も多く、体力が不十分の状態で日中過ごす事になって熱中症にかかりやすくなってしまう事も考えられますので、適度にクーラーは使用する必要が有ると思うのです。クーラーを付けるとガンガンに冷やしてしまう人もいますが、出来れば28度位に設定して扇風機やサーキュレーター等を使って冷たい空気を循環させていくと言うのはどうでしょうか。何故28度かと言うと、24度を下回ってしまうと人間の皮膚の表面にある血管が収縮してしまう事が考えられ、熱が外に逃げにくくなってしまいます。その為に体温調節機能がおかしくなってしまうのです。その状態で外に出てしまうと熱中症にかかりやすいと言う事になってしまいます。ですからクーラーを付ける時には低くしすぎず、体温調節機能が有効的に効く28度位がちょうどいいと思います。効果的にクーラーを使って熱中症対策をする様にしましょう。

«  熱中症対策【クーラー】 

SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi