クールタオル

首元を冷やそう

病院に行くとお医者様が首を触って何か確かめる仕草をしますよね。発熱時には首にあるリンパ線を触る事で熱さが伝わるのでここで確認をしているそうです。この時にリンパ線が腫れている事が分かると、耳の病気を引き起こしてしまう事も考えられます。また喉が腫れて痛くなったりもします。こうした発熱時や真夏の暑い時に身体が暑いなと感じる時には体温を下げる必要が有るのですが、首元のリンパの部分から冷やしてあげると良いと言われています。首元のリンパには太い血管が有ります。ここを冷やすと顔周りに感じていた倦怠感も解消される様になります。ネックレスを首に下げてみて下さい。この時に出来るラインの所が太い血管が有りますのでそこをクールタオル等を使って冷やしてあげると良いでしょう。クールタオルだと付けっ放しに出来るので、冷やしながら色んな事が出来ます。またクールタオル等が無い場合には、保冷剤を使うと良いですね。直接当てると低温やけどをしてしまう可能性が有るので、タオルにくるんで当てる様にしましょう。特に赤ちゃんの首元に充てる場合は、首元だけじゃなくて手のひらやおでこ等、熱い場所に交互に当てながら冷やして行くと良いですね。また冷やし過ぎてしまうと却って不快感が出てくる事も考えられます。クールタオルだと自分の熱で段々と温まってきますので、最適かもしれません。こうして首元の血管を冷やす事で早く効果的に体温を下げる事が出来るのです。

SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi