クールタオル

熱中症の症状が出てきた時の対処方法

いくらクールタオルをやって熱中症対策をしていたとしても熱中症になってしまう事は充分に考えられます。汗を大量にかくと身体から水分が無くなり、塩分も無くなってしまいます。こうなると身体から血の気が引いて青白くなってしまいます。その上体温が高くなってしまいますので、吐き気が起こったり、頭痛が起きたり、めまいが起きたり、だるくなってしまったりするのです。また熱中症は自分で気が付きにくいと言う点があり、ちょっと具合悪いなと思う程度だったりするのです。そうして気が付いた時には症状が重くなってしまっていると言う事が考えられます。もしも暑くて先ほど挙げた様な症状が出た場合には無理をしない様にする事、具合の悪さが重くなってしまったら救急車を呼ぶ様に対処をしましょう。またこの時の応急処置としては、涼しい場所に移動させてください。そして身体を締め付けない様に衣服を緩めましょう。クールタオルなどを使って脇の下、足の付け根、首等、リンパが有る所を冷やしてあげましょう。またこうした熱中症は夏場に限って起きる事ではありません。冬場でも暖房を入れ過ぎて環境が暑い場合は起こり得る症状になりますので、こうした応急処置はきちんと覚えておく様にしてください。そして自分自身が暑さに弱いと感じる場合には、自分自身で体温調節をきちんと行えるように自己管理を徹底的に行う様にしましょう。気象庁から熱中症の危険度を表す暑さ指数と言う物が出されていますので参考にすると良いでしょう。

«  熱中症の症状が出てきた時の対処方法  »

SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi