クールタオル

熱中症になるとどんな症状になるのでしょうか

私達人間の身体の体温は大体36度前後を保っています。筋肉を動かしたり汗をかいたりする事で身体のエネルギーを作り出しています。この時に熱が作り出されるのですが、熱が作られ過ぎて体温が上がりすぎてしまうと、汗を出して体温を下げようとしてくれるのです。熱を下げる為に、汗をかくのですがそれを手助けする為にクールタオルを利用したりする等、熱中症対策をする様になります。お出かけの際にはクールタオルを巻いて出掛ける様にしてくださいね。
さて、熱中症と一言で言っても色んな症状が有ると言います。年齢や状況によっても違ってきます。もしも暑くてめまいが起きたり、筋肉が痙攣したり、痛みが出て来る様になったら「熱痙攣」と言うタイプの熱中症になります。またきちんと意識が有って応答はするのですが、頭痛や大量の汗を出す症状は「熱疲労」と言う種類になります。また「熱射病」とよく聞くと思いますが、このタイプの熱中症の症状は意識が無くなり、脈が速くなり、身体の表面が赤くなります。この時は早めに救急車を呼ぶ様にしましょう。症状によって熱中症の種類が変わってきます。対処方法が分からない場合には直ぐに救急車を呼ぶと大事には至らないと思いますよ。また応急処置として、涼しい所に連れていって身体を横にして足を高くしてあげて寝かせてください。クールタオルの様な物で首元、脇等、リンパが有る所を冷やしてあげると冷たさを感じてより効果的ですね。

«  熱中症になるとどんな症状になるのでしょうか  »

SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi